子どもが嫌がって歯医者に行けません・・・

お子さんの歯の治療をしていて、
そして我が子の経験から・・・、
歯科に関して言うと大変なのは3〜6歳です。
(それ以降ですと、ぐんと成長して、納得して治療を受けられる子が多くなります。)

そして、その頃、最初の虫歯を見つけることが多い時期にあたります。

3歳以前だと、正直何をされているのかわからず泣く、という状態ですが、
3歳以降になると、判った上で抵抗するようになりますので大変です。

虫歯を見つけてから歯科に行くのは、
時間も長くかかるし、器具や音など、子どもにとってはとても不安に感じるのです。

その前にフッ素塗布や検診などで通院経験があるお子さんは、
【歯科≠痛い】ですから、
意外と順応できる場合が多いです。

また、ご家族の治療に一緒に来ていると、
場に慣れているお子さんも多く、抵抗が少ないようです。

当院では、治療を嫌がっているお子さんの場合、
急を要する症状でなければ、
【急がば回れ】で、まず、ブラッシング指導などで歯科に慣れてもらいます。

初日は《ブラッシング》だけ、
次の日は器具の動作をさせて口に入れて音に慣れるだけ、
そして、その次に治療・・・などの進め方をします。
途中、お子さんの反応を見ながら、
出来るところまで、無理の無いように、という方針です。

その分、通院回数がかかってしまいますが、
充分な治療の為には、お子さんが慣れてからの方が良いと考えるからです。

まずは、歯科に泣かずに来られる様に・・・。という目標のお子さんもいらっしゃいます。
(虫歯の進行具合から、時間的余裕が無い場合は、この限りではありませんが)

嫌がっているお子さんには、
脅し(「どんどん虫歯が大きくなって痛くなるんだよ〜」など)ではなく、
「じゃあ、はいしゃさんに見せに行こう。はみがきの仕方を聞きに行こう。」
といった様な言葉で誘ってください。


待合室には歯科に関する絵本なども取り揃えております。
お子さんとご一緒に読んでいただくのも効果的です。

お子さんによっては、付き添いの方が傍に居ない方が頑張れるお子さんもいらっしゃいます
その場合は、治療中、待合室にてお待ち頂く事もあります。

お子さん毎に応じて、一番良い方法で治療に当たります。
どうぞご安心下さい。


 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています

子どもが仕上げ磨きを嫌がってできません

こどもの相手は大変ですよね(実感・・・私も我が子の仕上げ磨きに苦労しました)。
特に口を触られるのを嫌がるお子さんも多いです。
極端な話、口の周りを拭くだけで嫌だ、という事もあります。

さあ、歯が生えてきたら、イヤでは済まされなくなってきます。

私は【習慣づけ】が一番早道かな、と考えています。

最初は充分に仕上げ磨きが出来なくても構いません。
毎日、決めた時に(食後、就寝前など)必ず行う儀式としてください。

「さあ、パジャマを着たら、お口をきれいにしようね」
など、決め事として行ってください。

出来れば、無理強いしてやるのではなく、
少し磨けたら狢腓欧気頬める
大人から見たら不満が残る状態でも、
「うわあ〜、歯がきれいになって、かっこいい!」などなど、
お子さんの喜ぶ言葉でたくさん褒めて、
明日につなげてください。

それの繰り返しでだんだん上手くできるようになります。

あと、数を数えてやるのも効果的です。
「じゃあ、10だけ磨こうね。1〜、2〜、3〜、・・・」
子どもは先が見えると頑張れたりします。

もしも、どうにもこうにも・・・、出来ないようでしたら、一度ご来院下さい、
スタッフが短時間でポイントを押さえたブラッシングをお教えいたします。
最小限だけ・・・、毎日部分的にでも・・・、などなどコツもありますよ。

あと、意外と多いのが、圧のかけ過ぎなどで痛がって嫌がるケースです。
歯を磨いているつもりが、歯茎をきつくこすってしまうと痛いですし、
乳歯は特に小さいですので、サイズを合わせた歯ブラシを使ってください。
弱い力で優しく細かく、がコツです。


 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています

フッ素はいくらかかりますか?

乳歯へのフッ素塗布は、
虫歯予防に有効だと考えています。

当院では、フッ素塗布(通常、自費診療)は無料で行っております。

なお、別途、診察代は必要ですが、
子ども医療証などをお持ちでしたら、
窓口負担金はかかりません。

検診も兼ねて、一度御相談下さい。

 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています