歯医者が怖くて、おまけに痛みに弱いので、通うのが苦痛です;;

悲しいかな、歯医者は一番嫌われてしまう診療科目なのです(涙)。

でも、お気持ちはよくわかります。
私自身、幼いころ虫歯が多く
診療中暴れて縛られたりしたこともあるんです^^。
大人になった今も、歯医者に行くのは勇気が要ります。
(歯医者は自分のことは治せませんので友人に頼むのですが・・・)
先日も親知らずの抜歯に行くのに、少し涙目になりました。

さて、私のことはともかく・・・。

痛みに強い弱いというのは個人差が大きいです。
ですので、患者さんが感じた痛みを知らせていただけると、
ああ、このレベルから痛みとして感じるのだな、
とわかります。
診療中、負担に感じられるような事があれば、
その場でお知らせください。
どうぞ我慢はなさらず、遠慮なく教えてください。

私は常々もっと気楽に歯医者に行ける様にできないものか、
と考えています。
敷居の低い歯医者でありたいと思うのです。

歯医者に行くことに抵抗が少なければ、
少し異変があった時にお越しいただけると思います。
歯医者が怖いという気持ちがあるから、
ぎりぎりまで我慢をなさってしまうのだと思うのです。

もう少し早く来ていただければ歯を残せたのに・・・、
と残念に思うことが悔しいです。
そのためにも、歯医者はもっと敷居が低いところにならなければいけないと感じています。

そのためには患者さんの感じたことをもっと教えていただき、
お互いによりわかり合った上で治療ができれば・・・と思っています。

前回の治療後、こんな状態だった
とか、
食事のときにここが気になる
など、
気軽に話して頂きたいのです。

痛みに弱い方でしたら、その旨、診療前にお知らせください。

そうした患者さんのお気持ちを受け止めたいのです。
いつか気楽に通っていただけるようになりますように・・・。
(・・・そして、あまり嫌われませんように)

 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています

治療が終わった後に疑問があるのですが

治療終了となって、
実際にご自宅に帰られてから、
食事などをなさって違和感を感じられたりしたら、
どうぞ再度お尋ねください。

当院では治療終了で、はい終わり、とは考えておりません。
診療室では実際に使った場合の感想はわかりませんので、
実際に使ってみて、
何らかの疑問点や使いにくさなどがあった場合は、
速やかに微調整をして、
より使いやすい状態にしていきたいと思うからです。

もう終わったと言われたから、
と、諦めてしまわれるのではなく、
そういう場合にこそお知らせください。

他の回答にも記載しましたが、
人の体というのは十人十色で、
教科書通りのものは一つとしてありません。
同じ治療で同じ結果が出ることもないのです。
当院では、不具合を細かく教えていただくことが、
患者さんのお体の状態を教えていただける近道だと考えています。

また、お口の中と言うのはとても敏感で、
髪の毛一本でも感知できるほどです。
よって、少しの調整で改善できることが多いのです。

お一人お一人に合った治療をしていきたいと思っておりますので、
どうぞ、貴方にとっての最善となるように、
お付き合いください。

 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています

歯石をとる場合、何回通うのですか?一度で終わりますか?

歯石はその人毎によって、
つきやすい、つきにくい、が違っています。

また、前回歯石を取ってから、
どのくらいの期間があいているかにもよります。

その方の歯石の量によっては、
即日で終了できる場合もあります。

しかし、殆どの方の場合、
歯石は一度では取り切れません。
充分に除去するためには時間も要し、
そのため、全てを一回で取るには時間がかかりすぎて、
患者さんのお体に負担がかかります。
歯茎の中にまで歯石がついている場合はなおさらです。
一度目の歯石除去後に歯茎が引き締まりますので、
時間を空けて再度除去する方がきれいにできます。
だいたい、2度程度通っていただくケースが多いです。

歯石はその下に虫歯を隠していたり、
歯周病を引き起こす原因にもなります。
また、口臭の原因になる場合もあります。

定期的に歯石除去を行う事によって、
口内環境は見違えるように良くなります。

実際、当院の患者様でも、
虫歯や歯周病などは全くないのですが、
定期的に歯石取りだけにお越し頂いている方がいらっしゃいます。
お誕生日の月には歯石取り、など決めていただくのも良いかもしれませんね。
(少なくとも年2回が理想的ではありますが・・・。)

どうぞお気軽に、お越し下さい。

 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています

どうして虫歯の治療って1本ずつしかやってもらえないの?

虫歯の治療をすると、それに伴って、何らかの変化が見られます。
そうしたサインを見ながら、治療を進めていくのです。

例えば2本、同時進行で治療をしていると、
出てきたサインがどちらの歯の影響なのかがはっきり特定できません。
その為、時間はかかりますが、
1本ずつの治療となってしまいます。
また、虫歯の治療はお体への負担がかかっています。
2本まとめて治療すると、負担もずっと大きくなります。

例えば、左右2箇所に虫歯がある場合、
左の治療をしている間は右を使って噛む事ができますし、
逆の時もまた同様です。
しかし、左右一度に治療をしてしまうと、
噛む場所がなくなってしまい、
食事が思うように摂れなくなる場合もあります。
それにより体調を崩してしまうと、
余計に時間がかかってしまいます。

虫歯が明らかに軽度で、
時間にも制約がある場合には、
やむを得ず、同時に治療する場合がありますが、
それは極々軽い症状である場合に限られます。

より良い治療のために、どうぞご理解下さい。


 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています

歯医者って待ち時間が長いのが嫌なのですが。

皆様の貴重なお時間を無駄にさせることの無い様、
当院では狢圓岨間ゼロを目指して、
患者さん一人一人に必要な診療時間を考慮し、
余裕を持った予約をお取りするよう心がけております。

その為、ご予約いただく時点で、
お時間をずらしていただけるかお尋ねする事もございます。

しかし、その日の患者さんの体調や症状によって、
予想以上の時間がかかるケースがございます。


また、事故や、痛みが大きい急患の患者さんに関しては、
予約なしで診療させていただくこともございます
ので、
せっかくご予約いただいていた患者さんには、
本当に申し訳ないことではありますが、
まれに待ち時間が出来てしまう事がございます。

お待たせしてしまう事は、
院長・スタッフ全員が心を痛めておりますが、
治療を万全に行いたいとの思いは変わりませんので、
どうしてもお時間を頂戴してしまいます。

どうぞ事情をお察しの上、
お許し下さいます様、お願い申し上げます。

 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています

仕事の都合でなかなか時間が取れませんが・・・。

当院では、夜7時30分まで診療しております。
土曜日も同時間までですので、
どうぞお時間をつくってみてください。

大体、週に一度の通院、というペースで進めておりますが、
ご事情によって間隔を調節する事も可能です。

歯科の治療は、
後に伸ばせば伸ばすほど、
時間も費用もかかりますし、お体への負担も大きくなります。

お時間に制限のある方ほど、
早め早めの来院をお勧めいたします。

症状が治まってきて、また放置して悪化させてしまうケースも多いです。
痛みが治まったから行くのを辞めるのではなく、
爐修里箸にこそ畍耆莟,ださい。
痛みは波のようにだんだんと大きくなって襲ってきます。
今は痛くなくなっていたとしても、治っている訳ではありません。
むしろ進行しているのです。

意外と知られていないのですが、
痛みや腫れが出ている時には、
まず、その症状をおさめるだけの応急処置しかできず、
本来、必要な治療はその症状が治まってからになります。

腫れや出血・痛みがあると、
治療に支障をきたし、完全な治療ができないのです。

よって、痛みや腫れが出ていない時より、ずっとずっと時間がかかってしまうのです。

どうぞご自身の為に、お時間を作ってください。

 
Comment(0) Trackback (0)
Trackback URL:ボットからトラックバックURLを保護しています